2012トップリーグ オールスター「FOR ALLチャリティーマッチ in 仙台」復興支援キャラバン実施のお知らせ

  • 投稿日:
  • by

 re0016.jpg

3月24日(土)に被災地5県(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県)で「FOR ALL復興支援キャラバン」が実施されました。

ブラックラムズからは髙橋英明選手が参加し、宮城県気仙沼市にて鹿折ラグビースクールの生徒たちと交流を図りました。

「FOR ALL復興支援キャラバン」は、東日本大震災で甚大な被害を受けた被災地5県(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県)の子どもたちを対象に、トップリーグ選手を中心にラグビークリニックを開催する活動で、クリニック翌日となるオールスター大会当日は、ラグビークリニックの参加者を大会に招待し、スポーツを「する喜び」と「観る喜び」の両方を体験していただきました。

 

髙橋英明選手のコメント

「リコー 高橋です。今回、トップリーグチャリティマッチが仙台で行われることとなり、ひとつのイベントとして気仙沼へ復興支援キャラバンに行ってまいりました。

24日の午前から気仙沼西高校の体育館で鹿折ラグビースクールの子供達や小中学生と一緒にラグビーの練習をしてきました。
すごく楽しい時間を、子供達よりも自分が感じることが出来きました。
スクールの子供達と一緒にプレーすることで笑い、励まし合うことですぐに打ち解けることができましたし、特に、子供達の笑顔が印象に残りました。

昼食には、大西一平さん(元神戸製鋼ラグビー部。現在はプロラグビーコーチとして活躍)と地元の方々が炊き出しをご馳走になりました。
前日に降った雪で寒い中作っていただいた気仙沼ホルモンやハンバーグはとても美味しかったです。

午後は気仙沼で津波の被害にあった地域を視察にいきました。
最初に見た風景に言葉がでませんでした。
テレビや新聞などで現地の情報を知ってはいましたが、実際に自分の目で確認するのとはまったく違うものでした。
震災から1年が経ちますが子供達や地元の方々はなんとか気仙沼を復活させる為に頑張っている姿勢を見て風化させてしまってはならないと感じました。まだまだ支援は必要です。

私は今回の活動があったからこそ気仙沼に行き、体験出来た事を感謝して長く支援をしていきたいと思います。

最後になりますが、本当に多くの方に手伝って頂けたおかげで成功したと思っております。
有難うございました。」