ニュージーランド海外研修 選手レポートVol.1

re0014.jpg

第1回目のレポートは柴田が担当します。

野口と共に3月21日(水)にNZ(ウエリントン)に到着しました。

現在、NZは秋の季節でとても快適です。

初日はマーク・リーと、僕たちが所属するクラブチーム(マリスト)のBKコーチのマリーさんが空港に迎えに来てくれて、ウエリントンユニオン(アカデミー)に挨拶に行ってきました。

日本人でラグビー留学のお世話をしてくださっている、竹内克さんにも今後引き続きお世話になります。

今回、ホストファミリーのピーターさんはとてもいい方で、野口と僕、ピーターさんの3人でラグビーを見るのが早くも習慣になってます。

 

3月22日(木)は午後にマリストの練習に行ってきました。50人位での練習になりました。

最初にウォーミングアップを行い、ハンドリングスキルを行いました。次に1時間弱ラインアウトをした後、いきなりフルコンタクトのAD(アタック&ディフェンス。試合形式の練習)だったため、正直ビックリしました。

練習に参加した感想ですが、スキル面ではリコーのラグビーでも通用すると思います。しかし、練習に対する選手の姿勢は見習うべき所が多くありました。練習の1時間前に個人練習を行ってる選手がたくさんいました。また、練習に取り組む姿勢は常に真剣で、2時間があっという間に過ぎてしまいました。

今週からアカデミーでの練習が毎日朝の7時からスタートします。ウエイトトレーニング等ハードな練習になりますが、毎日充実した日になるよう野口と成長していきたいと思います。


写真はホストファミリーのピーターさんとMSPの室内練習場です!!

re0015.jpg