Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

CSR活動事例

リコー社会貢献クラブ・FreeWill会員が被災地で桜の植樹活動に参加

2015年3月28日

Main content

足場がほとんどない急斜面での活動

足場がほとんどない急斜面での活動

参加した16名のFreeWill会員

参加した16名のFreeWill会員

2015年3月28日(土)、リコー社会貢献クラブ・FreeWillの会員16名が、NPO法人 桜ライン311が主催する春の植樹会に参加しました。FreeWillからの参加は今回で5回目となります。

この活動は、"津波によって多くの尊い命が失われたあの悲劇を繰り返さないために、陸前高田市内の津波到達点に桜を植樹し、次の世代に伝承していくこと。"を目的としています。

今回の植樹会には全国から200名以上のボランティアが集まり、合計61本の植樹を行いました。

FreeWillに割り当てられた植樹地はかなりの急斜面で、5本のうち3本は足場もほとんどなく、苗木や腐葉土、水が入ったポリタンクを植樹場所まで運ぶのに相当苦労しましたが、参加者同士が協力し合い、無事に植樹を完了させることができました。

今回参加した会員の中には、2015年1月にFreeWillが実施した『あの街に桜が咲けば』の社内上映会でこの活動を知り、趣旨に賛同した方や、中学生の頃、陸前高田で野球部合宿を1週間行った事があり、恩返しがしたかったという方、そして、自分の出身地の岩手県復興のため、少しでも役立ちたいという熱い想いを持った方々が集まりました。

また、参加者からは、「震災後、初めて東北地方を訪れましたが色々と考えさせられました。」「東北震災の被害の大きさをあらためて感じました。そして復興が進んではいるものの、4年経ってもまだまだ足らない。桜ラインも進捗率5%程度だったことに少しショックを受けています。」「行ってみないと、わからないことがあります。雰囲気とか音とか、光景とか。行ってみて本当によかったと思っています。」「今後、東北復興支援につながる何かを、地道に行っていきたいと思います。」等の声が聞かれました。

FreeWillでは、これからも様々な社会貢献活動への参加の機会を提供していきます。

リコー社会貢献クラブ・FreeWill