2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.13(LAST)

皆さんこんにちは!

最終回のレポートは全員で作成しました。

NZ2018_13_2.jpgPonekeメンバーで記念撮影

 

改めてこの場をお借りし、今回の留学のために携わっていただいた全ての方に感謝申し上げます。

研修で学んだことを、ラグビーだけでなく人生にも活かしていきたいです。

そして、いつの日かニュージーランドで出会ったbrother達とプレーできるようこれからも頑張っていきます。

fukatsu1.jpg

-深津 健吾-

 

大きな怪我や病気もせず、充実した三ヶ月間を過ごすことが出来ました。

Hurricanes、Poneke、日本人選手達としたスキル練習など、様々な環境でラグビーに打ち込めたことは選手として最高の環境でした。また日本とは少し違った文化や環境で生活することができ、私の価値観や考え方に多くの気付きを与えてくれました。

この経験を大切にして、引き続き成長していきたいと思います!

最後になりますが、多くの関係者の皆様のサポートのお陰で素晴らしいNZ研修となりました。

感謝申し上げます。今後とも応援宜しくお願い致します。

toshiya8.jpg

-高橋 敏也-

 

ワイカトから無事日本に帰国しました。

ラグビーでは、ワイカトプログラムの練習やクラブチームの試合を通して、目標としていたアタックスキルの向上やスクラムの成長を実感することが出来ました。異文化の中で、自分のコントロールが効かない状況や環境でも、常にグラウンドでは一定のパフォーマンスを発揮することが大事だということも学べました。この時期に、実戦感覚を養えたことを生かし、日本でも成長し続けていきたいと思います。 

yoshimura8.jpg

グラウンド外の生活では、異文化や英語を存分に学ぶことができました。またニュージーランドならではの、様々なアクティビティにも挑戦し、雄大な自然を肌で感じることができました。

とても充実した留学生活でした。サポートしていただいた皆様、ありがとうございました!特に、食事や身の回りの事など、お世話になったホームステイ先のスウィニーさん一家に感謝しております!

NZ2018_13_1.jpg

-吉村 公太朗-

 

おまけ

スウィニーさんの趣味の1つである釣りに連れて行ってもらった際、190.4kgのカジキマグロが釣れて地元紙に記事が掲載されました。釣り上げたのは同じホームステイ先のドコモの秦 啓祐 選手。港の記録を15年振りに塗り替え、24kgというタックルで釣った中では世界で4番目の大きさだそうです。マグロはスモークにして美味しくいただきました。

NZ2018_13.jpg

 

2018年NZレポート、最後まで読んでいただきありがとうございました!