2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.7

こんにちは!
PRの吉村公太朗です!
ワイカト州ハミルトンからレポートをお送りします。

留学も1か月が過ぎ、生活サイクルにも慣れてきました。今回は、ワイカトプログラムの1日をご紹介しようと思います。

私を含め8人の日本人が参加しているワイカトプログラムは、スーパーラグビー チーフスのホームグラウンド(FMG stadium)内の施設で行われており、毎朝スタジアムに通い、夕方それぞれのクラブチームの練習へ向かう流れです。

9:00〜
ワイカトアカデミー

スタジアムに隣接するグラウンドで、パス、ボールキャリー、タックルの基礎スキルを、元チーフスのレジェンド(現在は協会スタッフ)の方々がコーチングしてくださいます。1時間程度と短いですが、繊細なスキルが求められる練習のため、頭を使った高い集中力が必要となります。私が1日の中で1番集中するのはこの時間です!


yoshimura1.jpg

11:00〜
リカバリー

プロテインとチキンや果物など補食をしっかりと摂取し、体重のコントロールをします。ニュージーランドの食事は高タンパク質ですが炭水化物が少な目なので、補食でカロリーやビタミンなど足りない部分を補っています。


yoshimura2.jpg

11:30〜
ジムセッション、コンディショニング

シーズン中ですが、高強度のメニューが組まれており、しっかりと身体作りをすることが出来ます。グラウンドでの動きに繋がるトレーニングも多いので、ランやコンタクト、スクラムなどを意識しながら取り組みます。

yoshimura3.jpg整理整頓が行き届いたすばらしいジム

yoshimura4.jpg

13:00〜
昼食、リカバリー(アイスバス、ストレッチなど)

15:00〜17:00
勉強

チーフスのメンバーもミーティングなどで使う部屋で、英語の授業を2時間受けます。現地の英語教師の方が、丁寧に教えてくださるので、楽しく学ぶことができています!

yoshimura5.jpg

18:00〜
月曜日 州代表の練習に参加
火・木曜日 クラブチームの練習に参加

州代表の練習は、チーフスの控え選手も参加しているのでラグビーのレベルが高く、得るものがとても多いです。この時間に朝練習したスキルを試して、上手くいった時はとても嬉しいです!しっかりとスキルを身につけて日本に帰りたいと思います。

以上がワイカトユニオンラグビープログラムの1日になります。毎日充実した内容になっていて、ハードに感じる時もありますがラグビーに集中出来る環境に感謝し、残りの期間もレベルアップに努めます!

-おまけ-

私も深津さんや高橋の料理シリーズに続きたかったのですが、あいにく機会がありませんでした...。なので、持参したRICOH THETAで、ニュージーランドの景色を360°お届けしたいと思います!

 yoshimura6.jpg

ハミルトンから西に車で40分程の所にある、ラグランビーチです。現地の人も訪れることが多い人気のスポットです!私も休日のリフレッシュに来ることが多いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!