2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.1

毎年恒例となったニュージーランドへの研修ですが、今年はWTB深津健吾選手、SH高橋敏也選手の2名が3月6日(火)にニュージーランドへむかいました。
日程をずらして3月末にPR吉村 公太朗もニュージーランドへむかう予定です。

先行した2名より意気込みのコメントです。

皆さんこんにちは!深津です!

まず、今回このような素晴らしい機会をいただき、会社、ラグビー部、ご尽力いただいた皆様に感謝申しあげます。
1日も無駄にせず、成長して帰国出来るよう頑張ります!

今年より、ハリケーンズのトップチームと練習できる機会をいただきました。
多くのものを吸収し、帰国後、チームに還元できるよう日々生活していきます。

クラブチームは「Poneke」というチームに所属し、練習と試合に参加します。
リコーでもプレーしたロイさんがBKコーチをされています。
練習、試合を通してボールタッチの回数を増やすこと、コンタクトレベルの向上を目指して、取り組もうと考えています!

皆様、こんにちは。高橋です。

この度はニュージーランド研修という素晴らしい機会をいただいたこと、会社やチーム関係者、後援会の方々に深く感謝いたします。
日本とはまったく違う環境でラグビーをすることになりますが、適応し、たくさんコミュニケーションを取って、あらゆることにチャレンジしていこうと思います。

ハリケーンズとの練習では、世界トップレベルの選手たちを相手に自分の何が通用するのかチャレンジし、たくさんのことを吸収したいと思います。
クラブチームのほうでは、試合をする機会が多くなるので、毎試合しっかりと準備し、成長し続けたいと思います。

帰国後に大きく成長した姿をお見せできるよう、精一杯頑張ります!
今後のレポートもぜひご覧ください。

 

IMG_5617R2015.jpg