2012春季オープン戦 第5戦 vs. コカ・コーラウエストレッドスパークス戦レポート

  • 投稿日:
  • by

 

rr0284.jpg

晴天のリコー総合グラウンド、リコーブラックラムズ津田選手のキックで前半がスタート。

6分、リコー陣内コーラのラインアウトボールを奪うと、リコーはハイパントキック。こぼれたボールをマイボールとし、ハーフウェイライン付近からボールをつなぐ。連続攻撃におもわずコーラがペナルティ。キックを蹴り出しゴール前右隅モールを押し込み、サイドディフェンスが薄くなったところで、SH中村がパスダミーから抜け出しリコーが先制トライ。ゴールも決まり7-0。

続く12分、コーラのハンドリングミスによって得たリコーボールスクラムから、右サイドに攻撃、FW・BKが一体となって攻撃を仕掛け、最後は左隅にCTB塩山選手が飛び込みトライ。鮮やかな連携攻撃が決まり、12-0とリードを広げる。

突き放し勢いに乗るリコーだったが、18分、コーラ陣内リコーボールのラインアウトからの攻撃に、コーラが激しいディフェンス。こぼれたボールをうまくつながれ、19分コーラがトライ。12-5。

その後お互いにトライを取り合い、リコーは、23分、左隅にモールを押し込みトライ、19-5、35分にコーラが左隅にトライをあげ19-10(ゴール不成功)。

37分には再度リコーが左隅にモールを押し込みトライ、ゴール失敗で24-10。

このままでは終われないコーラは41分、連続攻撃から最後左中間にトライ。ゴール成功。前半を24-17で終了。

 

後半コーラのキックオフで試合開始。後半は乱打戦に。

キャッチしたボールをWTBキニキニラウ選手にパス、簡単にディフェンスライン切り裂き、トライラインまで80mを走りきる。後半0分、ノーホイッスルトライ。ゴール成功で29-17。

次のキックオフでミスがでて、リコー陣内コーラボールスクラム。右サイドに展開したコーラは後半3分、右隅にトライ。ゴール成功。29-24。

リコー陣内でピンチをしのぎ、得たチャンスボールを左サイドのBKがつなぎ、最後はCTBコベニー選手が後半10分中央にトライ。ゴール成功。36-24。

後半19分、リコーのハンドリングミスからこぼれたボール拾ったコーラ選手にディフェンスを突破され、トライ。ゴール成功。36-31。

後半23分、リコーは攻撃のフェーズを重ね、右サイドライン際をキニキニラウ選手が突破、横山伸一選手、コベニー選手とつなぎ、最後はまたもキニキニラウ選手がトライ。ゴール成功。43-31。

後半29分、ハーフウェイライン付近、コーラのハンドリングミスから左サイドにFW・BKとボールをつなぎ、最後はCTB山藤選手が相手のギャップをつき50m独走トライ。 ゴール成功。50-31。

後半37分、コーラ陣内10mライン付近、センタースクラムから左サイドにボールを展開、CTB山藤が突破し中央にトライ。ゴール成功。 57-31。

後半40分、リコー陣内22m、コーラボールのセンタースクラムからサイドに展開し、右隅にトライ。ゴールキックは外れ、57-36。

57-36で試合終了。

 

rr0291.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rr0289.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rr0290.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rr0285.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rr0287.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

rr0286.jpg