「オール早慶明三大学ラグビー東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」レポート

  • 投稿日:
  • by

rr0045.jpg

 4月15日(日)、秩父宮ラグビー場にて、「オール早慶明三大学ラグビー東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」が開催されました。

リコーブラックラムズからは、オール早稲田大学として
池上真介選手、伊藤雄大選手、覺來 弦選手 の3名が出場しました。

春の日差しが心地よい晴天のなか、13:00にオール早稲田大学 VS オール明治大学の試合が始まりました。
リコーブラックラムズの3人は揃ってスターティングメンバーで出場しました。

途中、池上選手が抜け出し、ゴールラインまであと一歩と迫ったシーンでは、
応援に来ていたブラックラムズのチームメンバーから「走りきれー!」と、あたたかい?檄もあり、3選手の活躍で試合は 33-19 でオール早稲田大学が勝利しました。

3試合目のオール慶應義塾大学 VS オール早稲田大学の試合では、この試合が引退試合となる池上選手が残り5分で再登場。
トライを狙い、ペナルティーキックからボールを受け取りにいった池上選手がビッグノックオン。
この日一番の盛り上がりで、試合は終了しました。


池上選手のコメント

「応援に駆けつけて下さった皆様、ありがとうございました。
また沢山の仲間に囲まれながらの試合、とても幸せな一日でした。
自分としても最後に得意なプレーを存分に発揮できたので良かったと思います。
伊藤さん、覚来、とてもキツイ試合だったけど最後に一緒に
試合ができて良かったです。ありがとうございました。

25年間多くの仲間、先輩、すばらしい指導者の方々
に出会い育てて頂きました。
また高校、大学、社会人、と沢山の方に応援、サポートして頂きました。
ラグビーを通してこれまで出会ったすべての方に感謝しています。
そして何よりそんなラグビーと僕を結び付けてくれた
両親、本当にありがとう。

最後に、ブラックラムズのみんな今シーズンも頑張ってください!」

 rr0046.jpg

rr0044.jpg

rr0050.jpg

   ゴールラインまでもう少しでしたが・・

rr0051.jpg

  覺來選手のラインブレイク。 激しいDFが持ち味ですが、この日はアタックが冴えていました。

rr0048.jpg

  いい笑顔です

rr0047.jpg

  ラスト5分、いざ出陣

rr0049.jpg

  ノーサイドの瞬間

rr0043.jpg

  仲間たちによる胴上げ

rr0052.jpg

  池上選手、本当にお疲れさまでした!