2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.10

こんにちは!

PRの吉村公太朗です。

ワイカト州ハミルトンからレポートをお送りします!

留学もあと少しとなりました。1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

今回は地域のクラブチームについてご紹介しようと思います。

ニュージーランドの各地には、いくつものラグビークラブチームがあり、様々なレベルで様々な人達がプレーしています。

私のようなラグビー留学でニュージーランドに来ている日本人は、多くの場合どこかのクラブチームに所属します。火曜日と木曜日にある練習に参加し、土曜日の試合に出場しています。私は2カ月間という短い期間の中で、より出場時間を確保し自身の成長に繋げるため3つのチームを渡り歩きました。

最初に所属したのは、ハミルトン近郊にホームグラウンドを持つ、ハミルトン・マリストです。

大きなクラブで人数も多く、プレミアリーグ(ワイカト地区の上位チームリーグ)で優勝経験があり、実力のあるチームです。

 

NZ2018_10.jpg

 

ハミルトンから南東に位置するケンブリッジのレミントンクラブは、チームの雰囲気が明るくフレンドリーで、他のチームから来た私を温かく迎え入れてくれました。

yoshimura8.jpg

 

現在所属しているバーシティは、何名かの州代表のメンバーを有し、若いメンバーが多くとても活気のあるチームです。

yoshimura9.jpg

 

それぞれのチームに歴史があり、チームカラーも様々ですが、3つのチームに共通していたのは、皆ハングリーである事と若いメンバーがリーダーを務めているという事でした。

 プレミアリーグのクラブチームからは、州代表の選手が選ばれることも多く、その州代表の中からチーフスのディベロップメントへの招集もあります。スーパーラグビーへの道は簡単ではありませんが、裾野が広く、若い時からプロラグビー選手を目指す人も多い環境が、ハングリー精神を生み、ニュージーランドのラグビーの強さに繋がっているのではないかと思いました。

また、若くしてスーパーラグビーやオールブラックスを経験した選手が、自身のクラブチームに戻り、自らコーチングしたりチームの為にリーダーシップを発揮していた点は、とても良いサイクルが回っていると思いました。

 

私は今回の留学で、クラブチームに所属し日本とは違う環境の中、様々な人達とプレーすることで多くのことを学び、グラウンド内外で見習うべきところが沢山ありました。

日本に帰っても、この経験を忘れず成長し続けていきたいと思います!

 

 

-おまけ1-

yoshimura10.jpg

今季からリコーブラックラムズに加入するジェイコブ・スキーン選手です!州代表やクラブチーム バーシティでチームメイトでした!これから同じチームで共に戦えることが楽しみです!

 

-おまけ2-

yoshimura11.jpg

週末にホストファミリーのスウィニーさん一家と、ハミルトンの東にあるタウランガビーチに行きました!後ろに写っているのは、マウント マウンガヌイです。豪華客船の停泊地でもあるタウランガは、とても綺麗で観光客や地元の方で賑わっていました!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

※吉村選手のTHETA360°画像は下記リンクからご覧ください。

https://theta360.com/s/3xbNJ8KCpsxeEQh6CCIjeDNB6

レポートVol.7のTHETA画像

ハミルトンから西に車で40分程の所にあるラグランビーチ

https://theta360.com/s/hOpHX8l4kH8JolqB3oAV7Lf64

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.9

みなさんこんにちは!

第9回目のレポートは深津が担当いたします。

 

留学期間も残すところ1か月となり、こちらでの試合もあと4試合となりました。

 fukatsu13.jpg

先週末の試合では、Ponekeのハカを試合前に踊りました。火曜日と木曜日のクラブの練習後にみんなで練習をし、帰宅後も個人練習をして臨みました。

悪い意味で目立つこともなく、しっかりとクラブの一員としてハカを踊りきりました!

試合にも勝つことができましたが、個人としてはWTBとしてトライを取ることができていないので、残りの4週で1つでも多くトライを取りたいです。

fukatsu14.jpg

 

-おまけ-

試合の前日にカーボローディングのために、パスタを作りました!

今回はテイストを変えて、トマトベースのパスタにしてみました。

材料はこちら

fukatsu10.jpg

 

・トマト缶

・ナス

(日本のナスの3個分くらいの大きさです)

・チーズ

・パスタ

 

fukatsu11.jpg

 

 

 

 

 

シンプルでも味に深みもありとても美味しくカーボローディングできました!

 

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.8

皆様、こんにちは!

高橋敏也です。

ウェリントンにきて2ヶ月が過ぎ、NZ研修も残すところ1ヶ月となりました。4月の下旬から朝と夜はとても寒く感じます。体調管理や身体のケアをしっかりして、残りの時間を過ごしたいと思います。

 

今週ハリケーンズとサンウルブズの試合がウェリントンで行われ、多くのリコー関係者の方々と一緒に試合を観戦させて頂きました。オールブラックス(ニュージランド代表)の監督の方とお話する機会もあり、貴重な体験をすることが出来ました!

toshiya1.jpg

またクラブラグビーは8日間で3試合が行われました。一勝一敗で迎えた土曜日の試合はダービーマッチで、近い地区のライバルチームとの試合でした。

toshiya2.jpg

特別な雰囲気の中、接戦でしたが3点差で勝利しました!

このダービーマッチに勝利するのは8年振りらしく、チームのみんなと喜びを分かち合いました!

toshiya3.jpg

嬉しくて、1週間の疲れも吹き飛びました!

toshiya4.jpg

8年振りに返ってきたシールドを手にしましたが、とても大きく立派なシールドでした。

試合はあと5試合残っていますが、少しでも上の順位になれるよう頑張りたいと思います。

 

-おまけ-

時間があるときはホストファミリーと一緒に料理を作ってます!

toshiya5.jpg

ニュージランドではポテトで炭水化物を摂取することが多く、私の役目は大量のジャガイモの皮剥きでした...大して力になっていませんが。

toshiya6.jpg

完成はまさに、ニュージーランドディナーという感じでした。

toshiya7.jpg

私が剥いたジャガイモもとてもいい出来です!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.7

こんにちは!
PRの吉村公太朗です!
ワイカト州ハミルトンからレポートをお送りします。

留学も1か月が過ぎ、生活サイクルにも慣れてきました。今回は、ワイカトプログラムの1日をご紹介しようと思います。

私を含め8人の日本人が参加しているワイカトプログラムは、スーパーラグビー チーフスのホームグラウンド(FMG stadium)内の施設で行われており、毎朝スタジアムに通い、夕方それぞれのクラブチームの練習へ向かう流れです。

9:00〜
ワイカトアカデミー

スタジアムに隣接するグラウンドで、パス、ボールキャリー、タックルの基礎スキルを、元チーフスのレジェンド(現在は協会スタッフ)の方々がコーチングしてくださいます。1時間程度と短いですが、繊細なスキルが求められる練習のため、頭を使った高い集中力が必要となります。私が1日の中で1番集中するのはこの時間です!


yoshimura1.jpg

11:00〜
リカバリー

プロテインとチキンや果物など補食をしっかりと摂取し、体重のコントロールをします。ニュージーランドの食事は高タンパク質ですが炭水化物が少な目なので、補食でカロリーやビタミンなど足りない部分を補っています。


yoshimura2.jpg

11:30〜
ジムセッション、コンディショニング

シーズン中ですが、高強度のメニューが組まれており、しっかりと身体作りをすることが出来ます。グラウンドでの動きに繋がるトレーニングも多いので、ランやコンタクト、スクラムなどを意識しながら取り組みます。

yoshimura3.jpg整理整頓が行き届いたすばらしいジム

yoshimura4.jpg

13:00〜
昼食、リカバリー(アイスバス、ストレッチなど)

15:00〜17:00
勉強

チーフスのメンバーもミーティングなどで使う部屋で、英語の授業を2時間受けます。現地の英語教師の方が、丁寧に教えてくださるので、楽しく学ぶことができています!

yoshimura5.jpg

18:00〜
月曜日 州代表の練習に参加
火・木曜日 クラブチームの練習に参加

州代表の練習は、チーフスの控え選手も参加しているのでラグビーのレベルが高く、得るものがとても多いです。この時間に朝練習したスキルを試して、上手くいった時はとても嬉しいです!しっかりとスキルを身につけて日本に帰りたいと思います。

以上がワイカトユニオンラグビープログラムの1日になります。毎日充実した内容になっていて、ハードに感じる時もありますがラグビーに集中出来る環境に感謝し、残りの期間もレベルアップに努めます!

-おまけ-

私も深津さんや高橋の料理シリーズに続きたかったのですが、あいにく機会がありませんでした...。なので、持参したRICOH THETAで、ニュージーランドの景色を360°お届けしたいと思います!

 yoshimura6.jpg

ハミルトンから西に車で40分程の所にある、ラグランビーチです。現地の人も訪れることが多い人気のスポットです!私も休日のリフレッシュに来ることが多いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.6

みなさんこんにちは。

第6回目のレポートは深津が担当いたします。
ウェリントンに来て6週間経ちましたが、来た当初の気候とは打って変わって上着が手放せなくなってきました。体調管理に留意し、残された日々を大切に過ごしていきます。

ハリケーンズは、怪我人もいる中でしっかりと勝ちを重ねており、本当に強いチームだと感じています。勝負所でトライを取りきる、ここ一番での集中力・スキルセットは非常に勉強したい部分です。

 

-試合出場のご報告-

今週、私達のプレーしているクラブチームのPonekeは、「Wellington Axmen」という昨年山内選手が所属していたチームと対戦しました。

fukatsu1.jpg

チームは53-13で勝利することができました!
個人的には、自分の目の前の状況に対する判断が遅かったので、少しずつでも改善できるよう取り組んでいきたいと思います。

 

-NZの独特な交通文化-

NZでの車の運転は、左側通行で右ハンドルが多く比較的に海外でも日本と同じように運転しやすい国だと感じています。

その中でも、日本にはほとんどない交差点があるのでご紹介させていただきます。

名前はRoundabout(ラウンドアバウト)と言います。交差点なのに信号がなく、ルールは右側から来る車を優先させて、タイミングを見計らって交差点に入るようです。

circle.jpg

 

 

-おまけ- 

前回、高橋選手が料理の投稿をしていたので、私も続いてみようと思います。

この日は1人で昼食だった為、自分だけで食材調達、調理、撮影、実食まで行いました!

材料はこちら

foodstuff.jpg

・サーモン 
・玉ねぎ
・Spinach(ほうれん草)
・生クリーム
・Pappardelle(太めのパスタ)
・にんにく

Fukatsu2.jpg

NZの美味しいサーモンを使ったパスタはとても美味しくなかなかの出来でした!

pappardelle.jpg

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.5

皆様、こんにちは!

高橋敏也です。

ウェリントンに来て早くも5週間が経ちました。こちらは四月に入ってから少しずつ風が冷たくなってきています。日本とは季節が逆で、夏が終わり徐々に冬が近づいてきていますが、私も深津さんも元気にやっています!

ハリケーンズは、私達が参加してから連勝していて、とてもいい雰囲気のなかトレーニングすることが出来ています。そうした雰囲気の中にもしっかり緊張感があり、プレー以外でも見習うべきところが沢山あります。

今週、私達がプレーしているPonekeはNorthというチームと試合でした。

poneke.jpg

Northはタマティ・エリソン選手の出身クラブで、過去に、長谷川選手、辻井選手、中澤選手もプレーしたクラブです。

試合の方は接戦の末、勝利することができました!

そして、試合後にはタマティ選手と再会することが出来、良いアドバイスをたくさん頂きました!

相変わらずとても格好いいです。

タマティー.jpg

ニュージーランドではクラブ間でシールドがあり、勝利の記念に写真を撮りました。

プレート.jpg

中央はホストファザーでクラブマネージャーでもあるジョシュさんです!

 

おまけ

時間がある時は、深津料理長のもと試行錯誤しながら楽しく栄養補給しています!

今週は昼に鶏肉とほうれん草のペペロンチーノを作りました!

深津料理長.jpg

麺の茹で具合を入念に確認する、深津料理長。

とても美味しく、スーパーで買った豆腐と一緒に食べました!

いただきます.jpg 

最後までご覧いただきありがとうございました!

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.4

こんにちは!
PRの吉村公太朗です。
ニュージーランドのワイカトからレポートをお送りします!

今回、ニュージーランドへ送り出していただいた会社の方々、BlackRamsスタッフの方々、家族、全ての関係者へ感謝しています。
恩返しが出来るよう、帰国までに大きく成長したいと思います。

私は先にウェリントンに留学中の深津さん、高橋とは別地域のワイカトで2ヶ月間のチャレンジとなります。

大まかな内容としては、ラグビー、ストレングスのコーチングを受けながら、コミュニケーション能力の向上のため英語の授業に取り組むワイカトラグビー協会のプログラムに参加します。
加えて、地域のクラブチームの練習や試合にも参加し、チームの一員として活動します。

ラグビーでは、ニュージーランドならではの強いフィジカルやアタックスキルを学び、試合を通じてスクラムの実践感覚を養いたいと考えています。
グラウンド外での生活でも現地の文化や生活様式にふれ、多くのことを学び、新しい発見ができればと思っています。

NZ2018_4.jpg

最後にホストファミリーをご紹介します。
元チーフスのスター選手でスーパーラグビー71キャップのDwayne Sweeney(スゥイニーさん)です。
過去にトップリーグでもプレー経験があり、面識のなかった私にも親切に接してくれています。
スゥイニーさんは現在、ワイカトラグビー協会の選手 兼 スタッフで、昨年は州代表のキャプテンも務めていました。

まだこちらでの生活にあわてる場面もありますが、与えていただいたこの期間を大切に過ごしたいと思います!

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.3

みなさんこんにちは。
第3回目のレポートは深津が担当いたします。

3週間が経過し、周りで何を言っているのかが少しだけわかるようになってきました。
日常的な買い物も問題なくできるようになり、NZでの生活も安定してきました。

今週はハリケーンズの試合がホームスタジアムのウエストパックスタジアムでの開催でした。
前日の練習が会場で行われ、私達も参加することができました。
芝が綺麗に刈られ、水捌けもとてもよく、NZで1番のグラウンドだと感じました。

IMG_5637R2015.jpg

ハリケーンズは見事勝利を収め、TJペレナラ選手が100キャップを達成しました。

クラブラグビーでは、リーグ戦2試合目に11番で先発出場し、そのままフル出場することができました。
チームは32-17で勝利しましたが、個人的にはボールタッチが少なく、ディフェンス面でも課題の多い試合でした。
次戦に向け、少ない練習の中で改善を図っていきたいです。

IMG_5638R2015.jpg

次回はNZで感じた日本との違いについてもお伝えしたいと思っています。お楽しみに!

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.2

皆様、こんにちは!
第二回の研修レポートは高橋が担当いたします。

ウェリントンに来て、早くも2週間が経ちました。
現地では20時ごろまで日が出ているせいか、毎日あっという間に時間が経過していきます。

さまざまな生活環境の変化はありますが、ホストファミリーの助けもあり、なんとか適応することができています。
私と深津さんは、私達がプレーしている「Poneke」という現地のクラブチームのマネージャーの方の家に住んでいます。

IMG_5633R2015.jpg

ホストファザーのジョシュさんと愛犬のウィローです。

私達は主に「Poneke」という現地のクラブチームと、「Hurricanes」というスーパーラグビーの練習に参加しています!

平日は毎日「Hurricanes」で日中練習後、夜に「Poneke」に参加。土曜日は「Poneke」の試合に出場しています。
「Hurricanes」の練習では、ラグビーのレベルの高さはもちろんですが、選手たちのコミュニケーションの量と集中力の高さに驚かされました。

IMG_5634R2015.jpg

今週、「Poneke」が参加する「Wellington Club Rugby」が開幕しました。
私と深津さんは後半40分プレミアでプレーしましたが、開幕戦は負けてしまいました。

まだまだチームが出来上がっていないので、今後の試合がとても楽しみです。

「Poneke」合流後すぐにWellington市内で行われたDragonboatの大会の写真です。
チームで団結し優勝することができ、一気にチームに溶け込むことが出来ました。

IMG_5636R2015.jpg

今後も現地でのレポートをしていくので、ぜひご覧ください。

2018年 ニュージーランド研修レポート Vol.1

毎年恒例となったニュージーランドへの研修ですが、今年はWTB深津健吾選手、SH高橋敏也選手の2名が3月6日(火)にニュージーランドへむかいました。
日程をずらして3月末にPR吉村 公太朗もニュージーランドへむかう予定です。

先行した2名より意気込みのコメントです。

皆さんこんにちは!深津です!

まず、今回このような素晴らしい機会をいただき、会社、ラグビー部、ご尽力いただいた皆様に感謝申しあげます。
1日も無駄にせず、成長して帰国出来るよう頑張ります!

今年より、ハリケーンズのトップチームと練習できる機会をいただきました。
多くのものを吸収し、帰国後、チームに還元できるよう日々生活していきます。

クラブチームは「Poneke」というチームに所属し、練習と試合に参加します。
リコーでもプレーしたロイさんがBKコーチをされています。
練習、試合を通してボールタッチの回数を増やすこと、コンタクトレベルの向上を目指して、取り組もうと考えています!

皆様、こんにちは。高橋です。

この度はニュージーランド研修という素晴らしい機会をいただいたこと、会社やチーム関係者、後援会の方々に深く感謝いたします。
日本とはまったく違う環境でラグビーをすることになりますが、適応し、たくさんコミュニケーションを取って、あらゆることにチャレンジしていこうと思います。

ハリケーンズとの練習では、世界トップレベルの選手たちを相手に自分の何が通用するのかチャレンジし、たくさんのことを吸収したいと思います。
クラブチームのほうでは、試合をする機会が多くなるので、毎試合しっかりと準備し、成長し続けたいと思います。

帰国後に大きく成長した姿をお見せできるよう、精一杯頑張ります!
今後のレポートもぜひご覧ください。

 

IMG_5617R2015.jpg