RICOH ECO BLOG
23 October

えなの森保全活動 本格スタート / Forest conservation activity at "RICOH Ena Forest"

2014.10.23

森の集合写真.jpg     DSCN3598_2.jpg     DSCN5036_2.jpg

10月11日、グループ会社リコーエレメックスが保有する約40haの「リコーえなの森(以下えなの森)」で保全活動を行いました。このえなの森保全活動は、地元住民の代表者、地元企業、地元NPO団体、リコー関連会社で構成される「リコーえなの森中山道里山協議会」を設置し、今年9月より本格的に開始した活動です(詳細は10月3日のニュースリリース参照)。

今回の活動では、地元住民を含む約60名が参加し、間伐などの森林保全活動を実施しました。間伐により地面に光が届き、背の低い植物も育つことで森林が健全に成長することができます。初めて参加した方からは「最初は暗かった森の中が保全活動により、明るい気持ちのいい森になっていく喜びを感じた。」との感想が聞かれました。また、協議会会長からは「地域の方々と連携した活動をどんどん活発にやっていきます。」という力づよい挨拶があるなど、様々なステークホルダー連携による活動のスタートを実感できました。

今後、定期的に地元ボランティアの方々を募り、リコーグループ社員と共に、森林の間伐や、植生調査を行うことにより木々や希少生物の保全を進めます。さらには、地元の子供たちの自然教室や住民の方々の散策や憩いの場所としての活用に役立てることで、環境保全にとどまらず、次世代育成、コミュニティーの活性化・発展への貢献を目指します。

11月には地元住民の方々と共に親子自然観察会を開催予定です。 

えなの森保全活動について、今後もこのEco Blogで状況をお伝えしていきます。

 

We RICOH group conducted forest conservation activity on October 11th at "RICOH Ena Forest" where Ricoh Elemex Corporation (REX) in Japan owns and the premises extensively cover 430,000-square meters size of woodland. This forest conservation activity of "RICOH Ena Forest" has set up a 「RICOH Ena Forest Nakasendo Satoyama Council」 and officially started in September of this year. This council members are represented by local residents, local companies, local NPOs and Ricoh group subsidiaries.


60 people including local residents joined forest conservation activities such as tree thinning and so on. More sunshine reaches to the ground and understory vegetation will grow better due to the tree thinning. As a result, the entire forest can keep healthy growing environment. A first-time attendant said "Inside of the forest was dark before, but now I feel very happy because the forest gets nice and bright through the conservation activities." Chairperson of the council also said "We will continue to conduct these collaboration activities with local residents." We could well realize good start of the collaboration activities with various stakeholders.


Hereafter, we will promote conservation of rare species through tree thinning and vegetation survey with regularly gathered volunteer of local residents and RICOH group members. Furthermore, by utilizing the forest as a place of nature school programs for local children and recreation area for local residents, we aim to contribute not only to environment conservation but raising the next generation and community development.

We will hold parent-and-child nature observation event with local residents in November.

We will continue to report on RICOH Ena Forest activity through this Eco Blog.

25 August

Recap of Ricoh Global Eco Action!

2014.08.25

europe.jpg japan.jpg

We are now ready to report the results of Ricoh Global Eco Action 2014.

[Click here for the results including local activities. ]

In addition to turning off the lights in Ricoh advertising towers and signboards on June 5, which has been carried out so far, this year conducted below two common global activities so that Group employees can participate in.

 1. Wearing green clothes or accessories on the common action day
 2. Sharing activities on the Facebook page (The page closed at the end of July)

Though these activities themselves do not contribute to reducing environmental impact directly, it was our purpose to motivate Group employees by fostering a sense of unity globally and thus revitalizing the activities.

As for "1. Wearing green clothes and accessories", most employees wore green ties, handkerchieves, and scarfs in Japan, whereas lots of employees put on green dress shirts, socks, shoes and even holding a football in Europe and the U.S. That was very impressing!

As for "2. Sharing activities on the Facebook page", the page helped to create a live atmosphere and we received positive feedback from Group employees like "I could really feel that the Ricoh Global Eco Action was conducted around the world at the same time". And we got lots of "Likes!" and positive comments,  from outside the Group.
 
Through these activities, we were able to make this year's theme "Sharing 'eco-mind' together" a reality.
We will further expand this eco-mind next year!

 

リコーグローバルエコアクションの今年の活動結果がまとまりました。

[各地域の活動を含めた結果はこちらをご覧ください。]


これまでも実施してきた広告塔やリコーロゴ看板の消灯等に加えて、今年度は社員も参加可能な以下2つのグローバル統一活動を行いました。

 1. 統一活動日に緑の衣服・小物を身につける
 2. Facebookページによる活動共有(7月末で終了)

これらの活動自体が直接的に環境負荷削減に寄与するわけではありませんが、グループ社員のグローバルでの一体感醸成によるモチベーション向上とそれによる活動の活性化が目的でした。

1.の「緑の衣服・小物」については、日本ではネクタイ、ハンカチ、スカーフなどが多かったのですが、欧州や米国ではYシャツ、靴下、靴、サッカーボール(?)などの多様性があり、地域差があったのが印象的でした!


2.の「Facebookページでの活動共有」はライブ感があり、社員から「改めてグローバルでの活動であることが確認できた」といった意見が寄せられ、グループ外の方からも「いいね!」を押していただいたり、「すばらしい活動ですね」といった嬉しいコメントをいただきました!

これらの活動を通じて、今年のテーマ「エコアクションの輪を広げよう!」を実践できたのではないかと思います。来年も、この輪をさらに広げていきたいと思います!

05 June

Ricoh Eco Blog starts!

2014.06.05

Hi! We have just launched the "RICOH ECO BLOG" to deliver fresh news and backstage information on Ricoh's environmental management.

The first item is all about Ricoh Global Eco Action.

Since 2006, the Ricoh Group has set June 5, 'World Environment Day', as 'Ricoh Global Eco Action', when all members of the Ricoh Group around the world think about the global environment, take eco actions, and improve their eco awareness.

And today is June 5!

Please take this opportunity to think about environmental protection and take action.
Any small action will be a step to protect global environment.

And if possible, please post your action on the Ricoh Global Eco Action Facebook page.

https://www.facebook.com/Ricoh.GEA

Let's think and act together!


この「RICOH ECO BLOG」は、リコーグループの環境経営活動に関する情報について、
新鮮な情報をお届けする、色々な活動の舞台裏をお伝えする、ことを目的として立ち上げました。

最初の記事は、リコーグローバルエコアクションについてです。

リコーグループでは、国連の定める「世界環境デー」の6月5日を、「リコーグローバルエコアクション」として、地球環境について考え、行動する日としました。 2006年からスタートしたこの環境イベントは、世界中のリコーグループが参加し、主要な施設・広告塔・オフィスの消灯だけでなく、各事業所/部門や、社員一人ひとりの環境を意識した行動を呼びかけています。

そして、今日がちょうどその6月5日です!

皆さん、是非この機会に、環境保護について考えてみてください。そして行動してみてください。
どんな小さな活動でも、その一つ一つの活動が地球環境保全に繋がります。

また、宜しければ、その情報をこちらのグローバルエコアクションfacebookに投稿してみてください。

https://www.facebook.com/Ricoh.GEA

Let's think and act!