Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Breadcrumbs

Share

Main content

野菜作りから学ぶ「食」の大切さ

=最大の収穫は「美味しい!」=

2018年08月08日

社会・生活

企画室長
古賀 雅之

 「落ち着いた空間で、お野菜作りはじめませんか?」―。一昨年の晩秋、週末の朝刊に折り込まれていたチラシが目に飛び込んできた。

 それは、畑を借りて野菜作りを楽しめるレンタルサービスの広告だった。農具などは借りられるため、手ぶらで通うことができる。また、栽培経験豊富な菜園アドバイザーが助言してくれるから、初心者でも安心して野菜を育てられる。

 何より関心を持ったのは、化学肥料を一切使わないこと。牛や鶏の糞、堆肥や油かすといった有機質肥料だけを使い、自然の力で野菜を育てるのだ。だから、旨みがギュッと詰まった野菜が収穫できる。

 普段は何事にも慎重な筆者だが、何かの「衝動」に駆られたかのように、チラシを見てすぐに見学会に出掛ける。その場で契約を交わし、わずか3平方メートルとはいえ、生まれて初めて「マイ農地」を手に入れた。

 その後、春夏野菜ではインゲンやエダマメ、キュウリ、ミニトマト、ナスなどに挑戦。トウモロコシはハクビシンに一本食われてしまったが...。

20180808_01.JPG見事に育ったトウモロコシ

20180808_02.JPG「ごちそうさま」byハクビシン

 秋冬野菜ではダイコンやニンニク、サンチュ、ルッコラ、リーフレタスなどを栽培。ただ、家族全員で期待していたイチゴは想像以上に難しく、悔しい思いもした。今は9月上旬の収穫に向け、オクラの生長が最大の楽しみである。

20180808_03.JPG初挑戦でも大成功を収めたダイコン

 額に汗して耕しながら、ふと気づいた。畑は収穫だけでなく、「食育」の場なのである。実際、筆者が借りている畑では、子供連れのファミリーをよく見かける。耕作から種まき、収穫までの農作業や、自分で収穫した野菜を使った調理・食事といった体験を通じ、家族全員が学んでいるのだろう。

 いつの間にか、筆者も食育を経験していた。遅ればせながら50代半ばで野菜づくりに挑戦し、「食」の難しさや楽しさを知ったのである。そして収穫した野菜はすべて、スーパーで買い求めたものよりも美味しく感じる。産地直送なので新鮮なのは当たり前。妻と一緒に苦労して育てた野菜を「美味しい!」と誉めてくれる、娘と息子の一言こそが最大の収穫である。

(写真)筆者

TAG:

※本記事・写真の無断複製・転載を禁じます。
※本サイトに掲載された論文・コラムなどの記事の内容や意見は執筆者個人の見解であり、当研究所または(株)リコーの見解を示すものではありません。
※ご意見やご提案は、お問い合わせフォームからお願いいたします。

戻る