Skip to main content Skip to first level navigation

RICOH imagine. change.

日本 - リコーグループ企業・IRサイト Change
Skip to main content First level navigation Menu
Main content

季報ギャラリー

<br />
  (【尾灯】) RICOH Quarterly HeadLine Vol.22 2019 冬
<br />
<br />
 その数は少なくなったが、一部の地方都市では路面電車が元気に走っている。札幌もその一つであり、「ぶお~ん」というモーター音を聞くとホッとする。何よりも「すすきの」ネオン街とのコントラストが実に美しい。クルマ洪水の中で維持するためには、運行関係者の努力と市民の理解が不可欠。どの街も大変だろうが、これからも是非頑張ってほしい。地下鉄と比べると、路面電車は超ノロノロ運転。でも道路上に超低いホームがあり、乗り降りは圧倒的に楽だ。そのせいか晩秋の日曜夕方、札幌市電はお年寄りや家族連れで満席だった。路面電車の最盛期に乗降の易しさは注目されなかったはず…。時代が変わると、隠れていた特長が浮かび上がることもある。デジタル時代だからこそ、古いものの良さを再発見する眼を養いたい。(N)
<br />

路面電車(札幌市)
  (【尾灯】) RICOH Quarterly HeadLine Vol.22 2019 冬

 その数は少なくなったが、一部の地方都市では路面電車が元気に走っている。札幌もその一つであり、「ぶお~ん」というモーター音を聞くとホッとする。何よりも「すすきの」ネオン街とのコントラストが実に美しい。クルマ洪水の中で維持するためには、運行関係者の努力と市民の理解が不可欠。どの街も大変だろうが、これからも是非頑張ってほしい。地下鉄と比べると、路面電車は超ノロノロ運転。でも道路上に超低いホームがあり、乗り降りは圧倒的に楽だ。そのせいか晩秋の日曜夕方、札幌市電はお年寄りや家族連れで満席だった。路面電車の最盛期に乗降の易しさは注目されなかったはず…。時代が変わると、隠れていた特長が浮かび上がることもある。デジタル時代だからこそ、古いものの良さを再発見する眼を養いたい。(N)

<br /> (撮影)リコー経済社会研究所副所長 中野 哲也 PENTAX K-S2 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.22 2019 冬

JR夕張駅(北海道夕張市)
 (撮影)リコー経済社会研究所副所長 中野 哲也 PENTAX K-S2 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.22 2019 冬

<br />
  (【尾灯】) RICOH Quarterly HeadLine Vol.21 2018 秋
<br />
<br />
 2001年9月11日午前7時45分、米国メリーランド州ベセスダの自宅上空は雲一つなく、爽やかな秋晴れが広がっていた。前日までと同じように愛車のエンジンを掛け、渋滞に巻き込まれながら、世界で最も愛想のない街に出勤。9時、時事通信社ワシントン支局に入るや否や、支局長が声を張り上げ、「飛行機がニューヨークの世界貿易センターに衝突したぞ!」―。CNNテレビを見ると、まるで映画のシーンのように航空機が超高層ビルに突っ込んでいく…。9時半過ぎ、「情報が欲しい…」と焦り始めていると、右耳の方角から「どどーん」という地響きのような音。FOXテレビの中継では、見覚えのある巨大な五角形が黒煙を吹き上げており、思わず大声で叫んだ。「ペンタゴン(国防総省)がやられたぞ!」―。あれから17年…。アメリカは寛容の心を失い、トランプ大統領の暴走が止まらない。(N)
<br />

あれから17年...
  (【尾灯】) RICOH Quarterly HeadLine Vol.21 2018 秋

 2001年9月11日午前7時45分、米国メリーランド州ベセスダの自宅上空は雲一つなく、爽やかな秋晴れが広がっていた。前日までと同じように愛車のエンジンを掛け、渋滞に巻き込まれながら、世界で最も愛想のない街に出勤。9時、時事通信社ワシントン支局に入るや否や、支局長が声を張り上げ、「飛行機がニューヨークの世界貿易センターに衝突したぞ!」―。CNNテレビを見ると、まるで映画のシーンのように航空機が超高層ビルに突っ込んでいく…。9時半過ぎ、「情報が欲しい…」と焦り始めていると、右耳の方角から「どどーん」という地響きのような音。FOXテレビの中継では、見覚えのある巨大な五角形が黒煙を吹き上げており、思わず大声で叫んだ。「ペンタゴン(国防総省)がやられたぞ!」―。あれから17年…。アメリカは寛容の心を失い、トランプ大統領の暴走が止まらない。(N)

<br /> (撮影)リコー経済社会研究所副所長 中野 哲也 PENTAX K-S2 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.21 2018 秋

東尋坊(福井県坂井市)
 (撮影)リコー経済社会研究所副所長 中野 哲也 PENTAX K-S2 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.21 2018 秋

<br />
 (撮影)HeadLine編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
<br />
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.20 2018 夏
<br />
<br />
 人類は作っちゃいけないものを作り、使っちゃいけないものを使った…。高校2年の修学旅行で原爆ドーム(広島市)を初めて見た際、「人類=悪魔」という絶望的な式が頭の中の片隅に潜り込んだ。その後、通信社の記者として経済危機下のアルゼンチンを取材した際、現地ラジオ局からインタビューを受けた。その時、「なぜ日本は原爆を投下した米国と仲良くできるのか」と質問され、満足に答えられなかった苦い経験がある。今春、39年ぶりに原爆ドームを訪れ、高校時代の絶望と記者時代の苦さが心の中によみがえった。その一方で、熱心に見学する外国人旅行客の姿が勇気を与えてくれた。核兵器は作らせないし、決して使わせない。諦めてしまったら、悪魔がほくそ笑むだけだ。(N)
<br />

原爆ドーム(広島市)
 (撮影)HeadLine編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.20 2018 夏

 人類は作っちゃいけないものを作り、使っちゃいけないものを使った…。高校2年の修学旅行で原爆ドーム(広島市)を初めて見た際、「人類=悪魔」という絶望的な式が頭の中の片隅に潜り込んだ。その後、通信社の記者として経済危機下のアルゼンチンを取材した際、現地ラジオ局からインタビューを受けた。その時、「なぜ日本は原爆を投下した米国と仲良くできるのか」と質問され、満足に答えられなかった苦い経験がある。今春、39年ぶりに原爆ドームを訪れ、高校時代の絶望と記者時代の苦さが心の中によみがえった。その一方で、熱心に見学する外国人旅行客の姿が勇気を与えてくれた。核兵器は作らせないし、決して使わせない。諦めてしまったら、悪魔がほくそ笑むだけだ。(N)

<br /> (撮影)HeadLine編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.20 2018 夏

尾道市(広島県)
 (撮影)HeadLine編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.20 2018 夏

<br />
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
<br />
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.19 2018 春
<br />
<br />
 気の遠くなるような長い時間をかけ、大自然が創り上げた造作物は人間の心をとらえて離さない。限りなくゼロに近い確率、つまり奇跡的に諸条件が重なり合い、この世に出現したのだろう。和歌山県白浜町の円月島(えんげつとう)もそんな奇跡の一つである。南北130メートル、東西35メートル、高さ25メートルの島。その真ん中の部分が見事に繰り抜かれている。波が押し寄せてぶつかるうち、岩の弱い部分だけ侵食が激しくなり、「設計図」がないのに見事な円月形の穴が開いた。一方、人間には無意識のうちに高い確率を求め、無難な選択をする習性がある。だが、それでは大自然の創造力に到底かなわない。時には確率を考えない勇気も持たないと、世の中は益々つまらなくなる気がする。(N)
<br />

円月島(和歌山県白浜町)
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.19 2018 春

 気の遠くなるような長い時間をかけ、大自然が創り上げた造作物は人間の心をとらえて離さない。限りなくゼロに近い確率、つまり奇跡的に諸条件が重なり合い、この世に出現したのだろう。和歌山県白浜町の円月島(えんげつとう)もそんな奇跡の一つである。南北130メートル、東西35メートル、高さ25メートルの島。その真ん中の部分が見事に繰り抜かれている。波が押し寄せてぶつかるうち、岩の弱い部分だけ侵食が激しくなり、「設計図」がないのに見事な円月形の穴が開いた。一方、人間には無意識のうちに高い確率を求め、無難な選択をする習性がある。だが、それでは大自然の創造力に到底かなわない。時には確率を考えない勇気も持たないと、世の中は益々つまらなくなる気がする。(N)

<br /> (撮影)取締役 会長 近藤 史朗 PENTAX KP 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.19 2018 春

マサダ国立公園(イスラエル)
 (撮影)取締役 会長 近藤 史朗 PENTAX KP 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.19 2018 春

<br />
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
<br />
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.18 2018 冬
<br />
<br />
 子どもの頃から、同じ所作の繰り返しが大変苦痛である。小学校では同じ漢字を何十回も書いて覚えるよう指導されたが、できるわけもない。書き順を変えたり、逆さまに書いたりで苦行をやり過ごした。当然報いを受け、生来の悪筆は本人も判読できないことが・・・。社会人になってからは、毎日同じ場所・時刻に出勤するのが苦しい。通勤経路や立ち寄るコーヒー店を替えながら、何とかしのいできた。だから、ルーティンをきちんとこなす人に憧れるし、同じ現象を繰り返す悠久の大自然に惹かれる。先般、別府温泉(大分県)を訪れた際は、古代から一定間隔で噴出を続ける間欠泉を見ていて畏れ多くなった。こんな欠陥人間でも毎朝、宅配される新聞二紙には必ず目を通す。このルーティンが終わると、二日酔いの頭の上に「見えないアンテナ」が立ち始め、世の中と向き合う構えができる…。気がするだけかな。(N)
<br />

別府温泉
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.18 2018 冬

 子どもの頃から、同じ所作の繰り返しが大変苦痛である。小学校では同じ漢字を何十回も書いて覚えるよう指導されたが、できるわけもない。書き順を変えたり、逆さまに書いたりで苦行をやり過ごした。当然報いを受け、生来の悪筆は本人も判読できないことが・・・。社会人になってからは、毎日同じ場所・時刻に出勤するのが苦しい。通勤経路や立ち寄るコーヒー店を替えながら、何とかしのいできた。だから、ルーティンをきちんとこなす人に憧れるし、同じ現象を繰り返す悠久の大自然に惹かれる。先般、別府温泉(大分県)を訪れた際は、古代から一定間隔で噴出を続ける間欠泉を見ていて畏れ多くなった。こんな欠陥人間でも毎朝、宅配される新聞二紙には必ず目を通す。このルーティンが終わると、二日酔いの頭の上に「見えないアンテナ」が立ち始め、世の中と向き合う構えができる…。気がするだけかな。(N)

<br />
 (撮影)取締役 会長 近藤 史朗 PENTAX K-1 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.18 2018 冬

富士山(静岡県・伊豆スカイライン)
 (撮影)取締役 会長 近藤 史朗 PENTAX K-1 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.18 2018 冬

<br />
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
<br />
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.17 2017秋
<br />
<br />
 稲作の起源はおよそ1万年前の古代中国にさかのぼる。随分長い間、人間はイネの世話になっているのだ。この植物は食用だけでなく、現代では芸術作品の素材にもなるから凄い。青森県田舎館村(いなかだてむら)では、田んぼに植えられた13種のイネによって7種の色を実現し、巨大で複雑な地上絵が描かれる。25回目となる今年は、「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」と「桃太郎」が完成。国内外からの観光客が「田んぼアート」に歓声を上げ、シャッターを切りまくる。今や、老若男女が写真を撮ってインスタグラムなどで公開を競い合う時代。「インスタ映え」するか否かも、観光地や飲食店の人気を左右する。田んぼに限らず、色んな「アート」が出現しそうだ。(N)
<br />
※「田んぼアート」は2017年10月9日まで
<br />

田んぼアート
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.17 2017秋

 稲作の起源はおよそ1万年前の古代中国にさかのぼる。随分長い間、人間はイネの世話になっているのだ。この植物は食用だけでなく、現代では芸術作品の素材にもなるから凄い。青森県田舎館村(いなかだてむら)では、田んぼに植えられた13種のイネによって7種の色を実現し、巨大で複雑な地上絵が描かれる。25回目となる今年は、「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」と「桃太郎」が完成。国内外からの観光客が「田んぼアート」に歓声を上げ、シャッターを切りまくる。今や、老若男女が写真を撮ってインスタグラムなどで公開を競い合う時代。「インスタ映え」するか否かも、観光地や飲食店の人気を左右する。田んぼに限らず、色んな「アート」が出現しそうだ。(N)
※「田んぼアート」は2017年10月9日まで

<br />
 (撮影)取締役 会長 近藤 史朗 PENTAX KP 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.17 2017 秋

チャーク城(英国)
 (撮影)取締役 会長 近藤 史朗 PENTAX KP 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.17 2017 秋

<br />
 (撮影)取締役会長 近藤 史朗 PENTAX K-1 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.16 2017 夏

国営越後丘陵公園(新潟県長岡市)
 (撮影)取締役会長 近藤 史朗 PENTAX K-1 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.16 2017 夏

<br />
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用(A-HDR撮影)
<br />
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.16 2017夏
<br />
<br />
 大阪出張の際には、梅田を中心とする「キタ」での仕事が多い。このエリアは高層ビルが立ち並び、東京とあまり変わらない。だが、「ミナミ」に向かうと景色が変わり、懐かしい街並みも健在。道頓堀のグリコマークはいつも元気をくれる。さらに南の新世界・通天閣の周辺は「昭和」のまま。先日は久しぶりに「なんばグランド花月」まで足を伸ばし、漫才や新喜劇を堪能した。場内は爆笑の連続だが、もし東京で観てもこんなには楽しめないかも。お客さん同士の会話が面白過ぎるし、上演中の素晴らしいノリが芸人の潜在能力をフルに引き出すからだ。こんなこと書いていると、「なんで東京の人はカッコつけんねやろ、つべこべ言わんと楽しんだらええのに!」とツッコミが入るかな…(N)

大阪・ミナミ
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用(A-HDR撮影)
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.16 2017夏

 大阪出張の際には、梅田を中心とする「キタ」での仕事が多い。このエリアは高層ビルが立ち並び、東京とあまり変わらない。だが、「ミナミ」に向かうと景色が変わり、懐かしい街並みも健在。道頓堀のグリコマークはいつも元気をくれる。さらに南の新世界・通天閣の周辺は「昭和」のまま。先日は久しぶりに「なんばグランド花月」まで足を伸ばし、漫才や新喜劇を堪能した。場内は爆笑の連続だが、もし東京で観てもこんなには楽しめないかも。お客さん同士の会話が面白過ぎるし、上演中の素晴らしいノリが芸人の潜在能力をフルに引き出すからだ。こんなこと書いていると、「なんで東京の人はカッコつけんねやろ、つべこべ言わんと楽しんだらええのに!」とツッコミが入るかな…(N)

<br />
 (撮影)代表取締役会長 近藤 史朗 PENTAX K-1 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.15 2017 春

タイツリソウ(静岡県伊豆市)
 (撮影)代表取締役会長 近藤 史朗 PENTAX K-1 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.15 2017 春

<br />
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
<br />
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.15 2017春
<br />
<br />
 東京やニューヨークはどんなに歩いても飽きない都市。その仲間に香港も付け加えてもよいだろう。飽きない=商いでもあり、アジアを代表する株式市場は早朝から世界中のマネーを吸い上げる。トレーダーは最先端のテクノロジーを駆使しながら、パソコン上で超高速取引を繰り返す。その一方で、100年超の歴史を持つ「庶民の足」を大事にするのも香港らしい。その二階建てトラム(路面電車)は高層ビルの間を縫うように走る。一戸数億円のタワーマンションが立ち並んでも、数十円の初乗り運賃を守るトラムは香港の経済的格差の象徴であり、社会的安定を守る知恵でもある。夜が更けてトラムに乗り、ヴィクトリア・ピークに登ると、眼下に広がるのは…。おもちゃ箱みたいな街だから、飽きないのだろう。(N) 

香港
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.15 2017春

 東京やニューヨークはどんなに歩いても飽きない都市。その仲間に香港も付け加えてもよいだろう。飽きない=商いでもあり、アジアを代表する株式市場は早朝から世界中のマネーを吸い上げる。トレーダーは最先端のテクノロジーを駆使しながら、パソコン上で超高速取引を繰り返す。その一方で、100年超の歴史を持つ「庶民の足」を大事にするのも香港らしい。その二階建てトラム(路面電車)は高層ビルの間を縫うように走る。一戸数億円のタワーマンションが立ち並んでも、数十円の初乗り運賃を守るトラムは香港の経済的格差の象徴であり、社会的安定を守る知恵でもある。夜が更けてトラムに乗り、ヴィクトリア・ピークに登ると、眼下に広がるのは…。おもちゃ箱みたいな街だから、飽きないのだろう。(N) 

<br />
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
<br />
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.14 2017冬
<br />
<br />
 ブランド総合研究所(本社東京)が作成する都道府県の魅力度ランキング(全国約3万人が回答)によると、2016年の1位は北海道であり、調査開始以来8年連続でトップを守った。以下、京都府、東京都、沖縄県、神奈川県と続き、そんなもんだろうと思う。市区町村別でも、函館市(1位)、札幌市(3位)、小樽市(4位)、富良野市(6位)と北の大地が圧倒的な強さだ。確かに、北海道は何度訪れても新たな魅力が見つかるし、函館の夜景の魅力は言葉で形容できない。一方、都道府県のラスト47位は茨城県。ちなみに46位栃木県、45位群馬県となぜか北関東勢の分が悪い。茨城県内には水戸の偕楽園や袋田の滝など景勝地は少なくないし、「どうしてここに?」神磯の鳥居もあるのに…。ファイト!茨城県~(N)

ファイト!茨城県
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.14 2017冬

 ブランド総合研究所(本社東京)が作成する都道府県の魅力度ランキング(全国約3万人が回答)によると、2016年の1位は北海道であり、調査開始以来8年連続でトップを守った。以下、京都府、東京都、沖縄県、神奈川県と続き、そんなもんだろうと思う。市区町村別でも、函館市(1位)、札幌市(3位)、小樽市(4位)、富良野市(6位)と北の大地が圧倒的な強さだ。確かに、北海道は何度訪れても新たな魅力が見つかるし、函館の夜景の魅力は言葉で形容できない。一方、都道府県のラスト47位は茨城県。ちなみに46位栃木県、45位群馬県となぜか北関東勢の分が悪い。茨城県内には水戸の偕楽園や袋田の滝など景勝地は少なくないし、「どうしてここに?」神磯の鳥居もあるのに…。ファイト!茨城県~(N)

<br />
 (撮影)代表取締役会長 近藤 史朗 PENTAX K-30 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.14 2017 冬

石内丸山スキー場(新潟県)
 (撮影)代表取締役会長 近藤 史朗 PENTAX K-30 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.14 2017 冬

<br />
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用(A-HDR撮影)
<br />
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.13 2016秋
<br />
<br />
 横浜という街は色んな「顔」を持つ。江戸時代末期から港町として発展し、高度成長を支えてきた京浜工業地帯の一角も占める。みなとみらい地区は時代の最先端を走り、グルメを唸らせる中華街やオシャレな元町には観光客が押し寄せて来る。その一方で、古い商店街や飲み屋街も市内各所で頑張る。東京から近いのに、どこかのんびりとしたムードがあり、たまに訪れるとホッとする。筆者は東京生まれだが、少年時代に一時、横浜に住んでいた。市内の小学校を卒業以来、同級生とは40年近くも音信不通だったが、そのうちの一人が数年前にインターネット上で捜し当ててくれ、同窓会に参加できた。人懐こくて人情に厚い浜っ子気質を、次世代も受け継いでほしい。(N)

横浜
 (撮影)Headline編集長 中野 哲也 PENTAX K-S2使用(A-HDR撮影)
  (【尾灯】写真) RICOH Quarterly HeadLine Vol.13 2016秋

 横浜という街は色んな「顔」を持つ。江戸時代末期から港町として発展し、高度成長を支えてきた京浜工業地帯の一角も占める。みなとみらい地区は時代の最先端を走り、グルメを唸らせる中華街やオシャレな元町には観光客が押し寄せて来る。その一方で、古い商店街や飲み屋街も市内各所で頑張る。東京から近いのに、どこかのんびりとしたムードがあり、たまに訪れるとホッとする。筆者は東京生まれだが、少年時代に一時、横浜に住んでいた。市内の小学校を卒業以来、同級生とは40年近くも音信不通だったが、そのうちの一人が数年前にインターネット上で捜し当ててくれ、同窓会に参加できた。人懐こくて人情に厚い浜っ子気質を、次世代も受け継いでほしい。(N)

<br />
 (撮影)代表取締役会長 近藤 史朗  PENTAX K-S2 使用
<br />
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.13 2016 秋

イスラエル・エルサレム市内
 (撮影)代表取締役会長 近藤 史朗 PENTAX K-S2 使用
 (表紙写真)RICOH Quarterly HeadLine Vol.13 2016 秋