技術者が語る 3Dプリンターのいろは

ポリカーボネート(PC)とは

本記事の内容が当てはまる造形方式

  • FDM
ポリカーボネート(PC)の概要

ポリカーボネート(PC)は、熱可塑性プラスチックの一種で、モノマー単位同士の接合部が、すべてカーボネート基 (-O-(C=O)-O-) で構成されるため、この名が付けられました。
PCは優れた耐熱性、機械的特性、電気的特性などをバランスよく備え、かつ自己消火性を示すエンジニアリングプラスチック(エンプラ)で、電気製品や自動車など工業製品に主に使われています。

ポリカーボネート(PC)の特徴

3d-65_img1.jpg

 図1

ポリカーボネート(PC)は図1の化学式で表されます。主鎖に剛直な芳香族環を有し、モノマー単位同士の接合部は、すべてカーボネート基 (-O-(C=O)-O-) で構成され、かさ高いイソプロピリデン基(-C(CH3)2-)を有する非晶性プラスチックです。

PCについては以下の特徴が挙げられます。
①機械的強度が大きいです。
②ガラス転移点150℃前後で、耐熱温度は120℃~130℃と樹脂の中では高めの耐性を持ちます。
③酸素指数が24から25で自己消火性があり、難燃剤を添加することによって難燃化が容易です。
 酸素指数:プラスチックに火をつけた状態で、その燃焼が持続するのに必要な最低酸素濃度をパーセンテージで示した指標。酸素指数が21より大きいプラスチックは空気(酸素濃度21%)中で燃えにくく,小さいものは燃えやすいことを示しています。
 自己消火性:炎にさらされる間は燃えますが、炎から離されれば消火する性質です。
④非晶性樹脂で成形収縮率が小さく、成形時の寸法精度が優れています。また吸水率が比較的低く吸水寸法変化が小さい、クリープ変形も小さいという特徴により寸法安定性が優れています。
⑤絶縁抵抗、耐電圧が優れています。電気的特性が広い範囲にわたって変化しないので絶縁材料として適しています。
⑥耐薬品性については、カーボネート基を有しているのでアルカリ、高温高湿度の環境などにより加水分解を起こしやすい性質があります。
⑦有機溶剤に侵され易く、有機溶剤、油、グリースなどによってケミカルクラックが発生することに注意する必要があります。

3Dプリンターの材料としてのポリカーボネート(PC)

3d-65_img2.jpg

 図2

ポリカーボネート(PC)は3Dプリンターの世界では材料押出堆積法(FDM:Fused Deposition Modeling)と呼ばれる製法で使用されており、優れた機械的特性、耐熱性を有する材料として、高機能試作や最終用途部品生産で利用されています。
ただし、以下のような注意点があります。
①PCは一般的には耐衝撃性に優れているイメージがありますが、FDMで造形した場合は他のプラスチック材料と比べてそれほど優れているわけではありません。強度を要求される用途では造形物の物性を確認しておく必要があります。(参考:「3Dプリンターで使われる造形材料・素材・物性一覧」)
②PCの造形では、PCはアルカリにより加水分解を起こしやすい性質があるためアルカリ溶液に浸すことで溶けるSolubleサポートを使用することができません。使用できるのは工具などを用いて物理的(力づく)に剥離するBreak Awayサポートのみです。(参考:「FDMサポート材の種類と特長」表1)複雑な形状や強度の低い形状ではサポートの取り残しが発生したり、造形物を破損するため可能な限り肉厚を増やしたり、ブレーク時に応力が集中しないよう設計的な工夫をすることが必要となります。(参照:「ブレークアウェイ方式のサポート材は除去時の苦労を考慮して造形しよう」)また、サポート除去時は少なからず造形物に負荷がかかるため常に慎重に行うことが重要となります。

                                     (佐藤 達哉)

  • 画像:3Dプリンターとは
  • 画像:3Dプリンターの活用シーンと導入のメリット
  • 画像:技術者が語る 3Dプリンターのいろは
  • 画像:3Dプリンターで使われる 材料・素材解説
  • 画像:3Dプリンター 造形材料・素材 物性一覧
  • 画像:3Dプリンター用語集
最新の人気記事TOP5
タイトル
1位 3Dデータ① ~STLファイルへの変換は片道通行~
2位 造形する時に発生する "ヒゲ" をやっつけろ!
3位 3Dモデルは必ず中央公差にて設計すること
4位 磨けば光って透明に
5位 ポリアミド(PA)とは
材料
掲載日時 タイトル
2017.07.21 ポリカーボネート(PC)とは
2017.05.19 SLS用樹脂材料の取り扱いⅡ(材料の保管方法)
2017.05.10 SLS用樹脂材料の取り扱いⅠ(粉末樹脂材料補充時のひと工夫)
2017.04.07 ULTEM™(ウルテム™)とは
2017.02.23 3Dプリンターで造形した仮型で試作するコツとは?
2016.11.29 PE(ポリエチレン)を造形したいけれど・・・材料は?
2016.10.17 FDMサポート材の種類と特長
2016.09.21 ポリプロピレン(PP)とは
2016.07.04 ポリアミド(PA)とは
2016.04.14 造形方式による曲面の再現性の違い
2016.03.08 ABS樹脂の特徴と注意点
寸法・形状
掲載日時 タイトル
2017.06.12 3Dデータ③ ~バッドエッジの防止にはCAD上でひと手間~
2017.03.22 3Dデータ② ~STLへの変換後は必ずビューアーでチェック~
2017.01.10 FDM(エントリー)機での造形サンプルの反りを設計で緩和しよう
2016.12.12 ブレークアウェイ方式のサポート材は除去時の苦労を考慮して造形しよう
2016.11.15 「シェル」について理解しよう。(其の弐)
2016.11.11 「シェル」について理解しよう。(其の壱)
2016.11.01 大きなサイズ(大物部品)の造形
2016.10.24 3Dデータ① ~STLファイルへの変換は片道通行~
2016.08.22 角(かど)をシャープに造形するには。
2016.08.08 3Dプリンターを使った試作 形状確認
2016.08.01 3Dプリンターならではの形状(ちょうつがい)
2016.07.11 造形コストを抑えるポイント
2016.06.27 エントリークラスFDM機に適した形状設計〜その2〜
2016.06.20 FDM(エントリー機)を稼動させる前の準備運動は重要!
2016.06.13 サポートの有無で生じる段差は形状変更や姿勢変更で解決
2016.06.06 スペック表を見るポイント① ~分解能(積層ピッチ)と精度の話~
2016.03.28 モデルの中空化と抜き穴で、造形時間短縮&品質向上
2016.03.22 造形コストを抑える設計のポイント マテリアルジェッティング編
2016.03.08 エントリークラスFDM機に適した形状設計〜その1〜
2016.02.19 精度を出したい輪郭は真上に向けて一筆書き!
造形条件
掲載日時 タイトル
2017.07.06 液槽式の光造形は、面ではなく点でサポートする
2017.04.28 「シェル」について理解しよう。(其の参)
2017.03.10 Solubleサポートで形状にひと工夫
2017.03.02 簡単きれい。マテリアルジェッティングのひみつ。 その1
2017.01.31 カラー造形について
2017.01.23 造形物の面の滑らかさだけで、積層ピッチを決めていませんか?
2017.01.10 FDM(エントリー)機での造形サンプルの反りを設計で緩和しよう
2016.12.12 ブレークアウェイ方式のサポート材は除去時の苦労を考慮して造形しよう
2016.10.17 FDMサポート材の種類と特長
2016.09.26 ASAのススメ
2016.09.05 FDMの充填構造に着目してコストダウン!
2016.08.29 造形コストを抑えるポイント(FDM)
2016.07.25 3DデータのSTL化の精度の造形物の違い
2016.07.19 SLSの長物造形で反りを軽減する方法
2016.07.11 造形コストを抑えるポイント
2016.06.20 FDM(エントリー機)を稼動させる前の準備運動は重要!
2016.06.13 サポートの有無で生じる段差は形状変更や姿勢変更で解決
2016.05.30 肉厚と造形線幅のマッチングで強度低下を防ぐ
2016.05.23 磨けば光って透明に
2016.05.16 造形方向によるモデルの強度