技術者が語る 3Dプリンターのいろは

3Dデータ② ~STLへの変換後は必ずビューアーでチェック~

本記事の内容が当てはまる造形方式

  • 全て
変換後のチェックが必要な理由

3Dデータ①でCADファイルからSTLファイルへの変換について述べました。変換したら早速プリント!といきたいところですが、その前に必ず行って欲しいステップがあります。それはビューアーソフト(STLファイルを表示するためのソフト)でのエラーチェックです。
CADファイルとSTLファイルではデータの表現方法が大きく異なるので、残念ながら変換の際に予期しないエラーが生じることがあります。3Dデータの変換は、いわば外国語から日本語への翻訳の様なもの。自動翻訳ソフトが時に出力する不自然な日本語をイメージすると分かりやすいかもしれません。元のデータが正しいからといって、変換後のデータが常に正しいとは限らないのです。
またCG作成用のソフトでモデリングした場合などは、そもそも「CG空間上では存在できても現実世界ではあり得ないモデル」というものも存在します。縁日で売っているキャラクターのお面の様な、厚みの無い片面だけのモデルなどがそれに当たります。
これらの理由により、STLファイルを3Dプリンターに渡す前に、そのモデルが実際にプリントできる「真っ当なモデル」かどうか、ビューアーソフトでのチェックが必要となるのです。

図1:不適切なSTLの例

図1:不適切なSTLの例

代表的なソフト:MiniMagics

STLビューアーは有償のソフトやフリーソフトなどいくつもありますが、代表的なものとして知られているのはMaterialise社の無償ソフトであるMiniMagicsです。
MiniMagicsは単にSTLデータを表示させるだけではなく、3Dプリントの可否をふまえたエラーチェックを行う機能が充実しています。実は一口にエラーといってもいくつかの種類があり、それぞれに対処法が異なります。(各エラーの対処法については今後の記事で紹介します。)このソフトでは、「反転三角」「バッドエッジ」「複数シェル」という、プリントに影響の大きい3つのエラーを効率よくチェックすることができます。MiniMagicsのチェックをクリアすれば、ほとんどの3Dプリンターで問題なくプリントできると考えてよいでしょう。

図2:ビューアーでのエラーチェック

図2:ビューアーでのエラーチェック

エラー以外の確認ポイント

エラー対策の話を進める前に、STLファイルをビューアーで確認する際に重要なその他のポイントを紹介します。特に大切なのが、モデルのメッシュの粗さです。STLファイルはモデル形状を小さな三角形の集まり(メッシュ)で表現しています。CADファイルから変換する際のメッシュの設定が粗いとSTLデータはカクカクした表現になり、実際のプリント部品もそのカクカクが再現されてしまいます。詳しくはこちらの記事で解説してあります。
それ以外にも、思っていたサイズと違う、設定したはずの色情報が反映されていない(カラーモデルの場合)、複数あるパーツの変換漏れなど、データ変換の際には思わぬ失敗がつきものです。STLファイルをビューアーで開いたら、隅から隅までチェックしましょう!

(飯塚 厚史)

  • 画像:3Dプリンターとは
  • 画像:3Dプリンターの活用シーンと導入のメリット
  • 画像:技術者が語る 3Dプリンターのいろは
  • 画像:3Dプリンターで使われる 材料・素材解説
  • 画像:3Dプリンター 造形材料・素材 物性一覧
  • 画像:3Dプリンター用語集
最新の人気記事TOP5
タイトル
1位 造形する時に発生する "ヒゲ" をやっつけろ!
2位 3Dモデルは必ず中央公差にて設計すること
3位 磨けば光って透明に
4位 ポリプロピレン(PP)とは
5位 3Dプリンターならではの形状(ちょうつがい)
材料
掲載日時 タイトル
2017.02.23 3Dプリンターで造形した仮型で試作するコツとは?
2016.11.29 PE(ポリエチレン)を造形したいけれど・・・材料は?
2016.10.17 FDMサポート材の種類と特長
2016.09.21 ポリプロピレン(PP)とは
2016.07.04 ポリアミド(PA)とは
2016.04.14 造形方式による曲面の再現性の違い
2016.03.08 ABS樹脂の特徴と注意点
寸法・形状
掲載日時 タイトル
2017.03.22 3Dデータ② ~STLへの変換後は必ずビューアーでチェック~
2017.01.10 FDM(エントリー)機での造形サンプルの反りを設計で緩和しよう
2016.12.12 ブレークアウェイ方式のサポート材は除去時の苦労を考慮して造形しよう
2016.11.15 「シェル」について理解しよう。(其の弐)
2016.11.11 「シェル」について理解しよう。(其の壱)
2016.11.01 大きなサイズ(大物部品)の造形
2016.10.24 3Dデータ① ~STLファイルへの変換は片道通行~
2016.08.22 角(かど)をシャープに造形するには。
2016.08.08 3Dプリンターを使った試作 形状確認
2016.08.01 3Dプリンターならではの形状(ちょうつがい)
2016.07.11 造形コストを抑えるポイント
2016.06.27 エントリークラスFDM機に適した形状設計〜その2〜
2016.06.20 FDM(エントリー機)を稼動させる前の準備運動は重要!
2016.06.13 サポートの有無で生じる段差は形状変更や姿勢変更で解決
2016.06.06 スペック表を見るポイント① ~分解能(積層ピッチ)と精度の話~
2016.03.28 モデルの中空化と抜き穴で、造形時間短縮&品質向上
2016.03.22 造形コストを抑える設計のポイント マテリアルジェッティング編
2016.03.08 エントリークラスFDM機に適した形状設計〜その1〜
2016.02.19 精度を出したい輪郭は真上に向けて一筆書き!
2016.02.19 3Dモデルは必ず中央公差にて設計すること
造形条件
掲載日時 タイトル
2017.03.10 Solubleサポートで形状にひと工夫
2017.03.02 簡単きれい。マテリアルジェッティングのひみつ。 その1
2017.01.31 カラー造形について
2017.01.23 造形物の面の滑らかさだけで、積層ピッチを決めていませんか?
2017.01.10 FDM(エントリー)機での造形サンプルの反りを設計で緩和しよう
2016.12.12 ブレークアウェイ方式のサポート材は除去時の苦労を考慮して造形しよう
2016.10.17 FDMサポート材の種類と特長
2016.09.26 ASAのススメ
2016.09.05 FDMの充填構造に着目してコストダウン!
2016.08.29 造形コストを抑えるポイント(FDM)
2016.07.25 3DデータのSTL化の精度の造形物の違い
2016.07.19 SLSの長物造形で反りを軽減する方法
2016.07.11 造形コストを抑えるポイント
2016.06.20 FDM(エントリー機)を稼動させる前の準備運動は重要!
2016.06.13 サポートの有無で生じる段差は形状変更や姿勢変更で解決
2016.05.30 肉厚と造形線幅のマッチングで強度低下を防ぐ
2016.05.23 磨けば光って透明に
2016.05.16 造形方向によるモデルの強度
2016.04.04 サポート材の付着面をコントロールして見た目をきれいに
2016.03.28 モデルの中空化と抜き穴で、造形時間短縮&品質向上